3,6㌔ビッグちわわのナルトと捨て猫ちくわとのちわわせ~な日々。 パティシエ(?)ぺぇさんとの将来の夢はDogcafe♡(。→v←。)♡ お友達も沢山できればいいなぁとおもいます☆


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
チンキ作り
今日は私のお勉強日記なので、見難いと思いますが許してください

この前、アロマテラピー教室の先生のアロマテラピーショップでハーブを買ってきました私。
エキナセアやカモミールの入ったハーブと、カレンデュラ(マリーゴールド)の乾燥ハーブです

これを使ってチンキを作ってみることにしました。
チンキとは、濃度の高いアルコールにそれぞれのハーブにあわせた割合でアルコールと水を混ぜて溶媒(成分を溶かし込む液体)とし、生や乾燥ハーブを漬け込んで作るものです。

アルコールチンキは最も用途が広く、作用も強力、使用するときも便利
経口投与や局部塗布、あるいは水溶液を作ったり目や髪、皮膚の洗浄液としても使うことができます。
でも、問題点は1つ。
使う相手が動物だということです。
アルコールチンキでアルコール中毒になることはありませんが、動物は極端にアルコールのの味を嫌うので、使いにくい点です。

でも、アルコールチンキは最大限の薬効が期待できるし、保存さえ良ければ、半永久的に使用できます。濃縮されたチンキには即効性もあり、犬や猫の短い消化器官でも体に完全に吸収できます。
犬猫ってカプセルとかだと結構そのまま出てきちゃったりするんですよね。

私は今回、実家の犬の皮膚に使いたかったのでオリーブオイルで浸出油を作りました。だいたいがアルコールの方が良く染み出るので多いのですが、ハーブの性質も調べないままオイルにしてしまいました。まぁ試しということでね

チンキ作り
材料です
チンキ作り

チンキ作り

チンキ作り

ちょっと薬っぽいですか?(笑)
これを漬けた跡に絞ってオイルだけを抽出して使います。
オイルで作る作り方は、硝子やプラスチックなどの非金属製の容器にハーブを入れ、オリーブオイルをハーブがかぶるくらいまで注ぎ、少なくとも1ヶ月暖かいところに置きます。
その後にオイルを絞って出来上がり
オリーブオイルはそれ自体が保存料としての作用があるのでその後、冷蔵庫で1年間くらいの保存が利きます。
オリーブオイルにもグレードがあるので、なるべく匂い色共に薄いもの…若い実を使ってオイルを作ったものなどを使うと保存などには1番良いそうです。
アロマテラピーショップに売っているオリーブオイル(DHCのエクストラバージンオイルと同じもの)は100mlで、2000yen弱ぐらいするそうです。
私はそんなこと知らないときに買ってしまったので、1ℓ900yenくらいのオリーブオイルを買いました。これでも奮発したんだけどね。

ホホバオイルは良いオリーブオイルの倍の値段がするみたいですが、ほぼ劣化や酸化をしないので半永久的に保存できたりするそうです。
ただ、そのぶん空気とくっつきにくい性質を持つので、他の劣化しやすい他の物質とくっつこうくっつこうとするオイルに比べると、中まで成分は運んでくれるものの悪いものとくっついて排除してくれにくいので、体に良い効くオイルこそすぐに劣化するみたいです。


あとは、グリセリンをベースに抽出液を作ることもできます。
グリセリンの利点は甘くコーンシロップに似た香りもあるので、動物に使うときにはその味のよさが1番に利点になります。
犬は味覚音痴ですが、甘党なのでほとんどのこが好んで舐めてくれると思います。
ベジタブルグリセリンはやし油から精製され、砂糖のような甘みがありますが、砂糖とは異なりトリグリセリドに似た形で代謝されます。
アルコールフリーなので、アルコールに敏感な動物や糖尿病の動物にも安心して使うことができます。
グリセリンエキスは無期限には保存はできないのですが、少なくとも冷蔵庫で2年間は保存できるようです。結構思ったよりも長かった…。

でもグリセリンエキスの弱点は、この1~2年間という保存期間の短さと、効果がさほど強くないということです。
グリセリンは油から抽出してできたものですが、アルコールほど強い溶剤ではなく、たいていのハーブはグリセリン溶媒にはあまりよく溶けないことです。
水溶性の強いハーブ(ビタミン系かなぁ?)はグリセリンにもよく溶けるので、やっぱりハーブをよく知ることが大切だなぁ~と思います。

あとは、ティーとか、煎じるという方法があります。

ティーは犬猫はニガテなので与えることが難しいこと、効果が薄く、水に溶けない成分は体に吸収することができないのが難点です。
お散歩から帰ってきてもなんだか水を飲まないと言うときはほんの少しだけティーを水に垂らしてあげるととっても飲むようになったりすることがあるようです。

乾燥ハーブは食欲の無いワンちゃんに与えるといいようです。
ナルトは、いつもご飯をちゃんと食べないのですがハーブをご飯に混ぜてあげたらチョット多く入れておいたご飯も全て食べていました。

まぁ…毎回こんなに食べるわけではないのですが、ハーブだけなら沢山食べてくれます。
消化を助けて免疫力を上げてくれるハーブをあげるといいと思います。

最近精油で作ったスキンウォーターを吹いてあげると、舌をペロペロするので好きみたいだし、マッサージして欲しくてすりすりしてくるので良かったです。

時間が無いのでこの辺で。

ひるね

ひるね

スポンサーサイト
【2006/11/10 01:23】 ・゚'☆,。・:*: 趣味&勉強,。・:*:・゚'☆,。・ | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<❤ฺ 来年の春結婚することになりました❤ฺ | ホーム | Death note>>
comments
--頑張ってますね--
いよいよご実家のワンコちゃん用のお薬としての作成されたのですね。
気に入って貰えると良いですね。
くりこさんの愛情一杯ですから、きっと必ず気に入って
貰えるでしょうね。
完成までが待ち遠しいですね。
【2006/11/10 07:53】 URL | Genie #AvsgXxpE[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kurikopenaruto.blog74.fc2.com/tb.php/25-eda97568
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。